皮膚科での乾燥肌改善

乾燥肌であってもそれほどひどくなければ化粧品などでケアすることができますが、自宅のケアではどうするのともできない乾燥肌の場合には皮膚科での治療が必要になります。

毎年同じ所が乾燥する、かゆみがありかきむしってしまい出血してしまう、肌に炎症がある人は皮膚科を受診した方がいいでしょう。

皮膚科での治療はまずはカウンセリングが行われ、乾燥肌の多くの人が間違ったスキンケアが原因なので、正しいケア方法をアドバイスしてくれます。

皮膚科で処方される保湿剤には 、「白色ワセリン」「尿素製剤」「ヘパリン類似物製剤」などが一般的で肌に塗ると2~24時間の効果を得ることができ、 外的刺激から肌を守る、角質層の水分蒸発を防ぐ働きをしてくれます。
乾燥肌でニキビの症状がある場合には 「ビタミンB2」や「ビタミンB6」などの内服薬が処方される場合もあります。

これらの内服薬には 皮膚や粘膜の働きを正常にし、肌が荒れにくい環境へと整えてくれる働きがあります。

時分では乾燥肌と思っていても皮膚科を受診したら アトピー性皮膚炎だと判明することもあるので、肌トラブルがあったら皮膚科を受診することをオススメします。
http://www.yenwebdesign.co.uk/