乾燥肌の方の紫外線対策について考える

乾燥肌の方の紫外線対策について考えると、大事なことは、日焼け止めの選び方になります。

乾燥肌の人は、紫外線対策のために日焼け止めを塗りますが、成分には十分注意しないといけません。

日焼け止めに入っている成分が乾燥を引き起こすことがあるからです。そうなると、せっかく肌をケアしたつもりでも、乾燥肌が悪化してしまいます。日焼け止めには、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が配合されていますが、これらの成分は、肌への負担が大きいです。

乾燥肌の人が日焼け止めを選ぶ時は、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルタイプを使用することです。

できれば無添加の物がよく、石鹸で落とせるタイプがおすすめです。保湿機能のある日焼け止めを選ぶことも大事です。乾燥肌の人は、UVカット効果が高く、保湿も同時にできる物を選ぶべきです。

乾燥肌の人が紫外線対策をする場合、注意すべきことは、日焼け止めを塗る前に、しっかり保湿ケアをしておくことです。

これは意外と忘れがちです。まず基礎化粧品で保湿ケアをし、5分以上時間を空けてから、日焼け止めを使用します。この方法なら、基礎化粧品が肌にしっかり吸着するので、日焼け止めを塗った後、乾燥が気になりません。